ダイオードレーザーって何?

エステや医療脱毛クリニックで脱毛用に使用している機器の多くはレーザーを用いています。脱毛用機器は日々進化していて、安全性や脱毛効果がアップしていますが、2016年現在で最も注目されているのはダイオードレーザーです。

レーザーのメラニン色素のような黒い色に反応するという特徴を利用して、毛母細胞を破壊して再生能力を抑制するのが、レーザー脱毛機器の仕組みです。

この仕組みを踏まえつ考案されたのがダイオードレーザーで、肌に照射してもダメージを与えるのは毛母細胞のみなので、これまでより安全性が高くなっています。

さらに、今までよりダメージを与える威力が強くなってるので、特に毛深い人でも照射の回数を特に増やさなくても済むようになりました。

また、従来は日焼け後の肌には照射できませんでしたが、ダイオードレーザーなら、日焼けしてしまった肌でも炎症が治まっていれば医療脱毛できます。

医療脱毛できないケースとは

安全性と効果の高いダイオードレーザーでも脱毛処理を受けられないケースがあります。光の感受性が高い持病を持っている場合には、肌トラブルのリスクが高くなるので、脱毛処理は難しいです。

心臓疾患や血液の病気を患っている場合にも照射はできません。慢性疾患やどの持病を持っていて、脱毛処理を受けたい場合には、まずは主治医に相談をすることだか必要です。

また、脱毛処理を受ける場合には、エステではなくトラブルへの対処が迅速に受けられる医療脱毛クリニックでーの利用が安心です。

持病ではないケースとして、妊娠中の人は、胎児への影響はないとされていますが、ホルモンバランスが通常とは異なっているため、肌に照射するタイプの脱毛処理はしないほうが安全です。

出産・授乳期が終わるまでは、シェーバーや脱毛クリームなど肌に負担がかかりにくい方法を用いると良いでしょう。


エステや医療脱毛クリニックで脱毛用に使用している機器の多くはレーザーを用いています。脱毛用機器は日々進化していて、安全性や脱毛効果がアップしていますが、2016年現在で…

【新着】
リボ払いとは
リボ払いとは月々の支払い額を固定し、返済していく方法のことをいいます。 分割払いは支払い回数を定め...

▼ コンテンツ一覧


▼ カテゴリ