てんかんの持病があると脱毛が危険になる理由

私たちの脳の中ですべての情報は電気信号でやり取りされています。てんかんとは、何かのきっかけで脳の中の電気信号が大量に出て、普通の情報のやり取りができなくなる状態です。

光脱毛や医療レーザー脱毛では短く強烈なパルスを皮ふ直下の毛根に照射しますが、この光や熱の刺激がきっかけとなって発作が始まる危険性があるんです。

特に顔脱毛は施術箇所が脳と近いので発作を起こす危険は高まります。発作は数分程度で治まることがほとんどなんですけれど、突然意識が無くなって体が硬直したり激しくけいれんすると、周りの人はすごく怖いです。

対処方法を間違えると発作中に大けがをすることもあるんですよ。湘南美容外科クリニックは、てんかんの発作と対処方法について勉強済みですから適切に対処できるのですが、医療スタッフのいないエステでは対応できないため、脱毛を断っているようです。

てんかんの持病がある人が顔脱毛をしてもらうには

てんかんの持病があっても、医療スタッフのいる湘南美容外科やアリシアクリニックでなら施術をしてもらえる可能性があります。てんかんとは言っても光や熱では発作が起こらない人もいます。

カウンセリングでよく相談すれば、顔脱毛でもしてもらえることがありますよ。あきらめないで、まず、相談してみましょう。


私たちの脳の中ですべての情報は電気信号でやり取りされています。てんかんとは、何かのきっかけで脳の中の電気信号が大量に出て、普通の情報のやり取りができなくなる状態です。 …

【新着】
リボ払いとは
リボ払いとは月々の支払い額を固定し、返済していく方法のことをいいます。 分割払いは支払い回数を定め...

▼ コンテンツ一覧


▼ カテゴリ